モチベーションを発見せよ!

「モチベーション」を知ることで・・・

人が行動するのはモチベーション(動機)があるからです。1つのモチベーションで行動する場合もあれば、複数のモチベーションによって行動している場合もあります。

モチベーションを正しく理解することで、自分自身のモチベーションを維持することができるようになります。

さらに、他人のモチベーションを知ることで相手の行動をコントロールできるようになります。

仕事でもプライベートでも活用の幅は広いので、ぜひ参考にしてください。

モチベーションは何種類あるの?

モチベーションには全部で10種類あります。人が行動する背後にはどのようなモチベーションが隠れているのでしょうか。

1)自分を守る
2)愛
3)恐怖
4)性欲
5)生きる
6)自由
7)復讐
8)怒り
9)認められたい
10)物欲

これらが人の行動の裏側に隠れているモチベーションです。10のモチベーションの1つもしくは2つ以上が組み合わさり、人を行動に駆り立てるパワーの源泉になっているのです。

仕事のモチベーションを上げるには?

10のモチベーションは、いつでも使えるようにメモしておきましょう。次はそれらを活用して仕事のモチベーションを上げる方法についてお伝えします。

相手の行動や発言から、相手のモチベーションを探ってください。必ずどれかのモチベーションに動機付けされているはずです。

そして、その人のモチベーションを上げたいなら、動機付けされているモチベーションの種類に合った言葉を使うようにしてください。


相手のモチベーションが行動や発言からわからない時があります。その原因は、本人が自分のモチベーションがどこにあるのかを自覚していないからです。その場合の対処方法は以下です。

相手の行動や発言に対して「どうして?」という質問を投げかける。

この質問によって、相手の行動や発言からは見えなかったモチベーションの種類が何かを本人が教えてくれます。1回でははっきりしない場合は、何度か繰り返し質問してください。

同じフレーズを繰り返すと不自然な会話になるので

「へぇ~、それってどうして大切なの?」
「そうなんだ、それって例えばどういったこと?」

などといったん受け入れてから、別の角度で質問していくと、うまくモチベーションを聞き出すことができます。

モチベーションを探って、答えを見つけたら最後に必ず本人にそれを言葉にして返してください。

あなたの答えが正しい場合、相手は「そうそう!」といったように同意してくれるはずです。違う場合は同意を示さないので、再度相手に質問をして同意してくれるまで、調整をしてください。

モチベーションを下げる方法

モチベーションを下げたい人というのはいないと思いますが、やる気を低下させる方法を知ることで、やる気を下げる予防になります。また、やる気を上げるコツが身に付きます。

モチベーションを下げる方法はシンプルです。

相手の望んでいないモチベーションを言葉にして投げかける。

とてもシンプルですが、これを継続すると、相手のやる気を失わせることができます。メラメラと燃えるような情熱も、必ず失わせることができます。

仕事で部下のモチベーションを下げている上司の多くは、このようなパターンで仕事の意欲をなくさせています。

モチベーションを理解し、相手がどのモチベーションで動機付けされているのか。常に意識していることで、年齢や性格に関係なく、やる気を上げることができます。モチベーションの維持にも非常に効果的ですね。

まとめ

1)人の行動の裏側には、必ずモチベーションが隠れている。
2)モチベーションには10種類ある。
3) モチベーションは、本人が意識しているかどうか関係なく、やる気を上げたり、モチベーションを低下させるスイッチになっている。
4)モチベーションは1つとは限らない。
5)モチベーションに合った言葉を投げかけてあげると、相手のやる気は上がる。逆に下げることもできる。
6)言葉や行動からモチベーションが判断できない場合は、「なぜ?」「どうして?」という質問をすることで動機が見えてくる。
7)人によってモチベーションの組み合わせは異なるので、1人1人に合った言葉をチョイスすること。

モチベーション。どうでしたか?

他人のモチベーションを理解しようと努力すれば、あなたが意図する方向へ人々を行動させることも可能になります。

それはあなたにとって大変価値あるスキルになるのではないでしょうか。